ホーム > What's New

What's New (H27年度|2015.4.1〜2016.3.31)

平成27年度第2回研究開発助成金交付プロジェクト決定のお知らせ(2016.02.08)

当財団では、ベンチャー企業等が行う新技術・新製品の研究開発に対して助成金の交付を行っておりますが、 このほど、「平成27年度第2回研究開発助成金」の交付先を決定致しました。
応募総数120件の中から、将来大変有望であり、かつ社会性も高い4件のプロジェクトが、審査委員会(委員長:石井威望 東京大学名誉教授)にて選定されました。
この結果、財団設立以来、研究開発助成金交付総件数は317件、交付金総額は9億4千4百万円となりました。

新春懇談会を開催しました(2016.1.27)

財団は、 恒例の新春懇談会を開催しました。 前半は、株式会社東京証券取引所 上場推進部課長 宇壽山 図南氏から、「上場の力で日本を元気に!〜東証市場のご案内〜」と題して、 わが国のIPO・新興市場の特徴、IPO活性化に向けた東証の取組み、新規公開を巡る留意点・不適切事例など具体例を織り交ぜながら、 示唆に富むお話を頂戴しました。出席者はみな真剣に聞き入っていました。 後半は、財団がこれまで支援させて頂いた企業経営者の皆様や三菱東京UFJ銀行をはじめとする多数の財団関係者42社64名にご参加頂き、 懇親会が盛況に行われました。異業種交流の出会いなどが多く、交流会は大変有意義なものとなりました。

平成27年度第2回研究開発助成金へのご応募、有難うございました(2015.11.01)

10月31日(土)消印を持ちまして、本年度第2回目の研究開発助成金の公募を締め切らせて頂きました。 多数のご応募を頂き、誠に有難うございました。採択先の決定・助成金交付は2月頃の予定です。

平成27年度第1回研究開発助成金交付プロジェクト決定のお知らせ(2015.09.07)

当財団では、ベンチャー企業等が行う新技術・新製品の研究開発に対して助成金の交付を行っておりますが、このほど、「平成27年度第1回研究開発助成金」の交付先を決定致しました。
応募総数70件の中から、将来大変有望であり、かつ社会性も高い6件のプロジェクトが、審査委員会(委員長:石井威望 東京大学名誉教授)にて選定されました。
この結果、財団設立以来、研究開発助成金交付総件数は313件、交付金総額は9億3千2百万円となりました。

平成27年度第2回研究開発助成金の公募を開始致します(2015.09.01)

公益財団法人三菱UFJ技術育成財団では9月1日より、「平成27年度第2回研究開発助成金交付事業」を別紙の要領にて開始致します。応募要項、申請用紙はこのホームページよりダウンロード可能です。

交流会を開催致しました(2015.7.24)

財団は、 恒例の交流会を開催しました。 前半は、経済産業省経済産業政策局新規産業室 新規事業調整官 石井 芳明氏から、「政府のベンチャー支援の動向〜ベンチャー・エコシステムの形成に向けて〜」と題して、海外での起業支援状況やわが国における起業支援施策等について具体例を織り交ぜながら、示唆に富むお話を頂戴しました。出席者はみな真剣に聞き入っていました。 後半は、財団がこれまで支援させて頂いた企業経営者の皆様や三菱東京UFJ銀行をはじめとする多数の財団関係者34社53名にご参加頂き、懇親会が盛況に行われました。異業種交流の出会いなどが多く、交流会は大変有意義なものとなりました。

平成27年度第1回研究開発助成金へのご応募、有難うございました(2015.06.01)

5月31日(日)を持ちまして、本年度第1回目の研究開発助成金の公募を締め切ら
せて頂きました。 多数のご応募を頂き、誠に有難うございました。採択先の決定・
助成金交付は9月頃の予定です。
なお、第2回目の公募は、9月1日(火)から10月31日(土)です。

平成27年度研究開発助成金の公募を開始致します(2015.03.24)

公益財団法人三菱UFJ技術育成財団では4月1日より、「平成27年度研究開発助
成金交付事業」を別紙の要領にて開始致します。本年度も昨年度同様、公募期間を
2回、1件当たりの助成金上限額を3百万円としております。なお、応募要項、申請
用紙はこのホームページよりダウンロード可能です。

get adobe readerAdobe PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
アドビ社のウェブサイトから無償で入手できます。