ホーム > What's New > H19年度(2007.4.1〜2008.3.31)

What's New (H19年度|2007.4.1〜2008.3.31)

平成19年度第4回債務保証先決定のお知らせ(2008.04.18)

平成19年度第4回債務保証先が決定致しました。本件を含めますと、財団設立以来、債務保証件数累計291件、金額累計83.3億円となります。(平成20年3月末現在)

平成19年度第3回債務保証先決定のお知らせ(2008.02.06)

平成19年度第3回債務保証先が決定致しました。本件を含めますと、財団設立以来、債務保証件数累計290件、金額累計83.3億円となります。(平成20年1月末現在)

新春懇談会を開催しました(2008.01.22)

財団は、 恒例の新春懇談会を開催しました。
前半は、中小企業基盤整備機構 新事業支援部 中小企業・ベンチャー総合支援センター本部統括プロジェクトマネージャーで財団の審査委員でもある西澤民夫氏が講演され、起業家に望まれる資質(AFFABLE含む4つのA)や経営戦略から、中小企業・ベンチャー総合支援センターの活用方法など実践的で示唆に富むお話を頂戴しました。後半は、財団がこれまで支援させて頂いた企業経営者の皆様や三菱東京UFJ銀行をはじめとする多数の財団関係者65社 約100名にご参加頂いて、懇親会が盛況に行われました。異業種交流の出会いなどが多く、新春懇談会は大変有意義なものとなりました。

平成19年度研究開発助成金交付プロジェクト決定のお知らせ(2007.10.31)

当財団では、ベンチャー企業等が行う新技術・新製品の研究開発に対して助成金の交付を行っておりますが、このほど、「平成19年度研究開発助成金」の交付先を決定致しました。
応募総数180件の中から、将来大変有望であり、かつ社会性も高い11件のプロジェクトが、審査委員会(委員長:石井威望 東京大学名誉教授)にて選定されました。
この結果、財団設立以来、研究開発助成金交付件数は238件、交付金額は7億6千百万円となりました。

成功プロジェクト顕彰について(2007.10.18)

当財団では、この度、債務保証成功プロジェクトの顕彰を行いました。これは債務保証プロジェクトのうち、平成19年度において割増保証料(成功報酬)を納付されたプロジェクト(企業)を表彰したものです。
※当該年度の顕彰プロジェクトにつきましては下記ファイルをご参照下さい。

平成19年度研究開発助成金への応募、ありがとうございました(2007.08.01)

7月31日(火)を持ちまして、本年度の研究開発助成金の公募を締め切らせていただきました。多数のご応募を頂き、誠にありがとうございました。
なお、助成金採択先の決定・交付は11月頃の予定です。

平成19年度第2回債務保証先決定のお知らせ(2007.07.31)

平成19年度第2回債務保証先が決定致しました。本件を含めますと、財団設立以来、債務保証件数累計287件、金額累計82.8億円となります。(平成19年7月末現在)

「交流会」を開催しました(2007.07.13)

財団は、 恒例の「交流会」を開催しました (従来より、7月・1月の年2回開催)。前半は、株式会社ジャスダック証券取引所のステークスホルダーズ本部IPOサポート部 鈴木次長が講演され、新市場NEOのご紹介と技術系ベンチャーへのエールを頂戴しました。後半は、財団がこれまで支援させて頂いた企業の皆様や三菱東京UFJ銀行を初めとする多数の財団関係者にご参加頂き、懇親会が盛況に行われました。異業種交流の出会いなどが多く、懇談会は大変有意義なものとなりました。

「平成19年度研究開発助成金」公募締切り迫る!(2007.07.02)

研究開発助成金の公募締切(平成19年7月31日消印有効)が1ヶ月を切りました。
新規性に富み、意欲的なプロジェクトの応募を お待ちしております。詳しくは、2007.04.12付けの下記内容をご参照下さい。

平成19年度第1回債務保証先決定のお知らせ(2007.06.08)

平成19年度第1回債務保証先が決定致しました。本件を含めますと、財団設立以来、債務保証件数累計286件、金額累計82.7億円となります。(平成19年5月末現在)

平成19年度研究開発助成金の公募を開始致します(2007.04.12)

(財)三菱UFJ技術育成財団では4月13日より、「平成19年度研究開発助成金交付事業」を別紙の要領にて開始いたします。応募締め切りは平成19年7月31日(火)でございます。なお、応募要項、申請用紙はこのホームページよりダウンロ−ド可能です。

UFJベンチャー育成基金から三菱UFJ技術育成財団に名称変更致します(2007.4.12)

(財) UFJベンチャー育成基金は、平成19年4月13日より名称を「(財)三菱UFJ技術育成財団( 略称 MU−TECH)」と変更致しました。

get adobe readerAdobe PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
アドビ社のウェブサイトから無償で入手できます。