ホーム > 債務保証

債務保証

※新規案件受付については、中断をしております。

当財団は、 技術指向型の 中小企業の新技術、新製品等の研究開発のための
資金借入れに対する債務保証事業を行います。

対象企業

新技術、新製品等の研究開発を行う技術指向型中小企業(中堅企業も含む)で、
以下の要件を満たすもの。
・ 研究開発を遂行する技術力、企業力をもっているもの。
・ 具体的な研究開発計画(プロジェクト)をもっているもの。
※業歴による制限はありません。

対象プロジェクト

現在の技術水準からみて、新規性があり、技術水準が高く、
企業化可能性の高いもの。(新しい技術、製品、機械、
システムと、これらに間連する設備、部品材料、原材料および
すぐれた技術改良など。但し、新薬、純然たるソフトウェア、デザインは対象外)

対象資金

新技術、新製品等の研究開発資金、およびその成果の企業化に必要な資金。
(但し、企業化資金については、企業化の第一段階までのものとし、
 増産・拡充のための運転、設備資金は認められません。)

保証限度

一社あたり、借入金額の80%かつ8,000万円以内。
(最近の実績は最高2,400万円程度)

担保・保証人

・ 当財団保証部分については担保は不要。
 (残り20%部分については、金融機関窓口にご相談下さい。)
・ 当該企業の代表者には連帯保証人になっていただきます。

保証期間

5年以内(借入期間も5年以内)。

保証料

・ 保証元本に対して年2%。
・ 対象プロジェクトが成功した場合には、別途結んだ契約により、
 成功報酬(一時金)を納付していただきます。
※但し、被保証企業と財団が話し合いの上、決定し、
  無理な負担にならないようにします。

審査

申し込みのプロジェクトについては、当財団で調査を行い、
調査完了後、審査委員会の審議を経て、諾否を決定します。
<審査内容>
(1) 企業内容
(2) プロジェクトの新規性、市場性
(3) プロジェクトの市場性
(4) その他、資金使途など

貸付利率

当該金融機関の定める利率とします。

お問い合わせ

当財団事務局または当財団提携金融機関にお問い合わせください。
お問い合わせ先はこちら

仕組み

技術志向型中小企業、財団と提携金融機関の関係図


提携金融機関